言葉だけでなく、さらに上手にあなたの情報を伝える方法

>

プロは画像の「大きさ」にも気を配る

全体のおよそ「75パーセント」
ぜひ覚えておいて、そして使用してみましょう。
これは、実はプロも使用しているテクニックなのです。

どんな?
それは、このような調査結果がでています。
「まったく画像など視覚効果のないもの」と比較して。
画像を使ったときの反応率(レスポンス)の違いです。

全体の50パーセントを占めると、比較して30パーセント増という結果が出ています。
これでも十分すぎるデータですよね。

では、冒頭にも書いた「75パーセント」だった場合は?
実は「50パーセント」増える結果を出しているのです。

画像は一つを大きくしても、数種類使うことで割合を増やしても良いです。
「大きさ」に注目して、すぐに張り付ける画像を大きくしましょう。

「画像」の位置にこんな利点があった

注意!
「画像」を張り付ける位置は、一番上が良い!
一番下か、文章の途中が最も多かった?
それはもったいないです。
すぐに変更しましょう。

考えたこともなかった。
なぜ?
「周りのブログを見てみれば、みんなそのような構図だったから」

で、あるならば周りに差をつけるチャンスを今、あなたは手に入れました。
証拠?
「オグルヴィの法則」です。
そこにはこんなことが書かれています。
「上部半分以上を画像にする」と。
上部に画像を大きく載せ、その下に「画像の半分ほど」文章を載せる。
こんな実績のある法則です。

これによりオグルヴィは「広告の父」と言われるようになりました。
すぐに試せる方法だと思います。
さっそくこの構図でブログを書いてみましょう。


実はこんなところに反応率をあげるテクニックがあった!

この記事をシェアする